よくある質問 (刺青 和彫り 手彫り)

質問01 手彫りは痛いと聞いたのですが・・・

回答01  よく勘違いされている方が多いのですが、マシーンと比べると手彫りの方が痛くないです。  かといって針を刺すので全く痛くないことは無いですが、マシンと手彫りでは針の刺さる深さに違いがあります。 手彫りはマシーン彫りの半分以下の深さしか刺さないです。 手彫りは肌の上の層にしっかりと墨・色を入れていくので特長の一つでもある特有の濃さ・深みが出ます。


質問02 手彫りは遅いんですよね?

回答02 手彫りのスジ彫りは確かに遅いです。しかしボカシの場合はそこまでの差はないと考えています。マシーン彫りでも彫師によって速く彫れる人、遅い人の差は大きいです。  私の彫る手彫りのスピードはマシーン彫りの遅い人よりは速く彫れます。  あと手彫りの特長でもある時間が経過しても色があせにくいということも知っていて貰いたいです。 これも彫る人にもよるのですが、マシーンで彫って数年で色があせて一度彫った所を彫り直すといった事はよく聞きます。 手彫りの場合、一度きちんと仕上げれば長い年月が経過しても色あせが少ないという特徴があります。 『こだわり』のページにも書きましたが、現在彫はるでは、スジ彫りはマシーンを使用してボカシは全て手彫りというスタイルをとっています。


質問03 他所で彫った続きでも彫って貰えますか?

回答03 基本的には最初に彫った所で仕上げるのが良いかと思いますが、どうしても以前の所に通えない場合は、私の所で続きを彫ることは可能です。 『料金・予約方法』のページの予約方法を参照にご連絡下さい。


質問04 白粉彫り(おしろいぼり)は出来ますか?

回答04 出来ません。 白粉彫りとは、怒った時や入浴した時など血液の循環が良くなった時にだけ現れるという彫り物なのですが、これは小説や映画のなかだけの話で本当には存在しません。 ただスジ彫りを白でいれてわかりにくく彫ったり、カラ彫り(インクを付けないで彫る)でわざと傷を付ける様に彫るとそれっぽくなるかもですが、、、とは思います。


質問05 彫った日はお風呂に入れますか?

回答06 彫った当日から入れます。湯船には浸からないで欲しいですが、シャワーは毎日浴びて欲しいです。 傷口に付着している白血球を洗い流して清潔にした後に薬を塗って頂きます。 アフターケアに関しては色々な方法、考え方があります。 私のところでは基本的に清潔にして薬を塗ることをお勧めしています。 詳しいアフターケアは彫った当日に具体的に説明させて頂きます。


質問06 一回に長く彫って欲しいのですが、何時間彫れますか?

回答06 基本的に必要以上に長く彫ることはお勧めしていないです。 長い時間彫ろうと思えば、私の方は問題ないですが、彫られてる方は4時間を越えたあたりから痛さが増してきます。例えば、1ヶ月に1回彫りに来て6時間彫るのでしたら、1ヶ月に3時間づつを2回来て頂いたほうが身体の負担も少なくすむので結果仕上り易くなります。 刺青は仕上がると仕上がらないでは大違いなのでコツコツ仕上げるのをお勧めしています。お客さんにもよりますが3時間で彫る方が多いです。  遠方から来られている方の場合5時間(外国の方などは7時間8時間)彫る方もいますが、痛さを伴うので一度彫ってみてご自身がどの程度なら大丈夫かを確かめて頂ければと思います。長く予約を取られる場合は、痛くて短い時間しか彫れなかった場合でも長く予約した分の料金を頂きますのでご了承下さい。